【Zoom】点てて、さしあげるレッスン

LESSON

茶道の基本を習得する、月一回のレッスンコースです。

茶道教室で習うのとほとんど変わらない内容に思えるのに、あえて「点てて、さしあげる」と名前をつけたのには理由があります。

畳の茶道教室ではお点前の習得を大切にします。美しく無駄のない所作を習得していく中で自分の精神を鍛え、人様に見られても恥ずかしくないマナーを身につけていきます。

一方でお道具の知識をたくさんお持ちの先生もいらっしゃいます。「数寄者(すきしゃ)」と呼ばれる方々は、名のある道具を持ちまたそれにふさわしい知識を身につけています。自然と、その生徒たちもお道具の素材や伝来についてよく学んでいきます。

どちらも大切なことと思いますが、仕事をしながら茶道を学ぶ現代のわたしたちにもっとフィットするスタンスがあっても良いと思いました。

それが、「点てて、さしあげる」ということです。

「点てて、さしあげる」とは

わたしたちには大切な家族や恋人がいて、しかし普段は静かに向き合う時間を持つことが十分でないと感じています。テレワークでおうちにいても、むしろ一緒にいすぎることで話題がなくなったり時間を持て余したりすることもあるかもしれません。

そんなとき、何かお稽古事を始めようと思ってもただ自分のスキルが上がるだけで良いのかと迷いませんか。学んだことを大切なひとに還元できて初めて、自分が学ぶ動機が強まるような気がしませんか。

茶道は「総合芸術」と言われる、日本文化の塊のようなお稽古事です。学んでも尽きることはないし、実践しようと思えば死ぬまで楽しめるでしょう。

そして、たった1人で学べるものではないのです。お茶を点てたら飲んでくださる人がいなければ成立しない芸術です。

ですから、ただ学ぶだけではなく、おうちであるいは旅先で、大切な人に「点ててさしあげる」ことに重点を置いています。

レッスン内容

月に一度、全6回のコースです。

Lesson1

  • 季節の室礼とイベントの解説
  • お点前練習
  • 茶筅について

初回は抹茶を点てる上で大切な茶筅について解説します。
使いやすく素敵な茶筅の選びかた、メンテナンスの仕方、折れたあとの活用法など、
消耗品でありながら芸術的価値のある茶筅の世界を学びます。

lesson2

  • 季節の室礼とイベントの解説
  • お点前練習
  • お菓子について

お菓子は季節を味わう「五感の芸術」です。特に生菓子はその土地で作られたものを食べる幸せを感じられ、干菓子はお取り寄せの楽しみがあります。
和菓子の名前とデザインの関係や、季節限定の和菓子など、茶道やおうち時間だけでなく仕事上にも使える知識をお伝えします。

lesson3

  • 季節の室礼とイベントの解説
  • お点前練習
  • 抹茶について

「濃茶」「薄茶」「碾茶」「被覆」「シングルオリジン」など、キーワードを取り上げて解説します。抹茶のおいしさと温度の関係や、おうちで管理する方法、オフィスで飲むなら、といった日常的に抹茶を楽しむためのヒントをお伝えします。

lesson4

  • 季節の室礼とイベントの解説
  • お点前練習
  • 茶碗について

ここで、自分の理想の抹茶碗を探すための基礎を「歴史」「デザイン」「使いやすさ」の面で多角的に解説します。せっかくなら”本物”を見極めたいけれど、ルールからは自由になってこれぞという茶碗を探したい方は必見です。

lesson5

  • 季節の室礼とイベントの解説
  • お点前練習
  • 流派について
  • お茶会に出ることになったら

おうちだけでなく実際に茶会や茶事に参加することになった時の教養講座です。興味はあっても実際に参加するとなると緊張するもの。基本のマナーをおさえておきましょう。ここまできたら畳の茶道にもさほど緊張せずに門をたたけるはずです。

lesson6

  • 季節の室礼とイベントの解説
  • お点前練習
  • 「点てて、さしあげる」ことについて

全くゼロから始めても、ここまでレッスンすれば心にも変化があるでしょう。改めて「点てて、さしあげる」ということについてお伝えします。同時に盛ったり頑張ったりせずに抹茶習慣を身に着けることを、讃え合いましょう。

レッスンの様子

オンラインで分かりにくいところも丁寧にお伝えします。

レッスン料金

90分 3,000円 1レッスン

※前日までのお振込を基本とさせていただきます。

お申し込みはこちらから

レッスンについてご不明な点も遠慮なくお問い合わせください。

PAGE TOP