• HOME
  • about “Ochagoto”

about “Ochagoto”

テーブルスタイル茶道”Ochagoto”は、テーブルスタイル茶道家 鮎川公美が伝える、大切なひとのためにお茶を点てる「おうち茶道」の水先案内サイトです。

テーブルで行う茶道レッスンと、日々の暮らしの中に抹茶を取り入れるためのコツについて紹介しています。

茶道は千利休やそれ以前の茶人から連綿と続く伝統文化ですが、少し上の世代の方にとっては花嫁修業の定番でした。女性は結婚したら仕事を辞め、夫から生活を保障してもらうことと「良き妻、善き母」であることのバランスを取りながら生きてきました。それはわたしの母や祖母の姿でした。彼女たちのスキルのひとつが茶道であり、田舎暮らしの女性でも完璧ではないにしても大人女性としての嗜みや心得が身についていることに不思議な感慨を持っていました。

30代となったわたしや同世代の女性たちは、いまや全く違う生き方をしています。大学を卒業して企業に就職し、転職したり結婚や出産といった大きなイベントを経験するとしても、きっとあと30年は働き続けるのでしょう。仕事のスキルも上がって、最近は期待される役割が次のステージに移ったことを感じるころです。友人やパートナーとも良い関係を築いて、好きなものに囲まれて過ごしています。

大変なときも気持ちの立て直し方を見つけて、いつでもONの状態にできるように自分を整えて。

このままでも、それなりにOK。けれども今の自分だけが本当のわたしなのだろうか。小さいころはわたしのなかにもっと「たくさんのわたし」がいて、繊細なところも感覚的なところも持ったわたしだった気がするのに、今は「仕事の顔のわたし」以外がどこかへ行ってしまったみたい。
もやもやが晴れるかもしれないから、何か新しいことを学びたい。できれば本物に触れたい。

でも。
自分のためだけに何かを始めるのはなんだか少し違う。誰かのためになったり、大切なひとが喜んでくれるようなことだったら学ぶ理由になる。
こんなことを学んだ!と得意になりたいわけじゃないから、さりげなく、楽しい時間を共有するためのスキルとして。

そんなあなたに、”Ochagoto”がお手伝いできることがあるかもしれません。

コーヒーのようにリラックスできて、
ヨガのように静かな気持ちになれる。
茶碗やお菓子、お花、全てに意味があるのに、
それを学んだことをさりげなく一杯のお茶にこめるだけ。

旅行先で参加したお抹茶体験で大人の習い事としていいな、と思ったあなたなら、茶道が「大切なひとのためにお茶をさしあげる」ことを中心として進化してきた文化ということが分かるのではないでしょうか。

畳の茶道では着物、正座、明言されない決まりごとといったいくつかある不安も、テーブルで行う茶道なら安心してレッスンできます。

どちらも奥深い学びの世界が広がっていますが、
畳の茶道がお点前を習得することで心を鍛え、人間的な成長につなげることを目標とするのであれば、
テーブル茶道は現代の忙しい暮らしのなかで、ほっとしたり、静かで無になれる時間を大切にする茶道。
「おうち茶道」はテーブルで行う茶道のなかでも、おうち時間を楽しく過ごすためにあれこれと試しながら自分の知識とスキルを高めていくことを目指しています。教室でのレッスンで茶道の基本をおさえつつ、学んだことをおうちでもできる再現性のあるレッスンプログラムをご用意しています。

季節のうつろいやほっとする時間を、ご家族やご友人と楽しめたらとても素敵だと思いませんか。

あなたと、あなたの大切なひとのための抹茶習慣を一緒に始めましょう。

2021年 テーブルスタイル茶道家 鮎川公美

PAGE TOP